マルニ木工/MARUNI – TOP

マルニにしか生み得ない「日本から世界に発信する家具」。

国際的なデザイン感覚と日本独自の木に対する美意識、そして精緻なモノ造りの技を融合した世界へ発信する家具造りをスタートしました。

使い手の生活に溶け込み、100年後も定番として愛される家具を目指し今日も木と向き合い、モノづくりに励んでいます。

マルニ木工/MARUNI

マルニ木工/MARUNI

マルニ木工/MARUNI

創業者である山中武夫は、少年時代を過ごした広島県の宮島で木を用いた伝統工芸が、まるで手品のように自在に形を変えていく「木の不思議さ」に魅了されていきました。
その後、当時としては技術難度の高い「木材の曲げ技術」を確立し、それまで手工業の域を出なかった日本の家具工業に対して、「工芸の工業化」をモットーに「職人の手によらない分業による家具の工業生産」を目指しました。

戦後、マルニは木材の人工乾燥技術の研究開発をはじめ、高度な木工加工表現のため新技術の開発導入、合理的な生産方法の習得など材料から完成まであらゆる工程での改革を進め「技術のマルニ」と評される礎を築きました。

それまで一品生産の高級品だった彫刻入り家具の工業化に成功、1968 年に開発したクラシック家具は「日本の洋家具史上最大のヒット」として今も知られ日本におけるクラシック家具の代表的ブランドになると同時に伝統的な美しさを生み出す良質な家具メーカーとして成長します。
その後、1990 年代以降の市場経済変化に対応するうちに、ともすれば「美しい家具を」という思いが風化してしまいかねないことに強い危機感を抱きました。

マルニは創業以来、木製洋家具作り一筋に進んできたメーカーであり、それだけに「木」を知り尽くした企業です。そのマルニが作るべきものとは何か。 そこで始めたのが原点回帰の取り組みです。

マルニにしか生み得ない「日本から世界に発信する家具」。国際的なデザイン感覚と日本独自の木に対する美意識、そして精緻なモノ造りの技を融合した世界へ発信する家具造りをスタートしました。使い手の生活に溶け込み、100年後も定番として愛される家具を目指し今日も木と向き合い、モノづくりに励んでいます。(マルニ木工HPより)

※製品は掲載当時の商品です。現物は、セール当日ご確認ください。

PAGE TOP